Shohei's Travel Brog

国内外問わず、旅などのことを書きながら「何かにチャレンジしてみよう!」という「きっかけ」になればと思い、書いてます!

カンボジア記 ~シェムリアップ PART2 クバールスピアン・アンコールワットからの朝日編~

3・4, July, 2018

 

皆さん!お待たせいたしました!

シェムリアップ第二弾です!

 

前回の投稿後にも、多くの方から、

 

「ブログ見てるよ~」

「ブログ楽しみにしてるよ~」

と言ったお言葉を頂き、ここ最近ほんとに気分が絶頂です(笑)

 

もしかしたら、言わせた感あるのかな、、、(笑)

 

前回はシェムリアップ1日目のことを書かせて頂きましたが、

アンコールワットのことで1つ捕捉させてください!

 

以下の情報は、なぜか僕のことを「親分」と呼んでくださる方からの情報です。

(一回り以上も年齢は僕より上なのですが、、、(笑))

 

アンコールワットの内部には、江戸時代の人が、

墨で壁に書いた、落書き御朱印?的なものがあるらしいです!

 

f:id:ss5966-0753:20180903142923j:plain

 

場所は、正確ではないですが、

真ん中の塔に入って、最初の階段登って、進行方向の右側あたり?

一番上の層登るための階段があるのですが、そこの1つ下の階?

あたりだそうです!(笑)

 

次回、アンコールワットに行く際には、僕もこれを探そうと思ってます!

 

ではでは、捕捉はこの辺にして、

2日目以降に入りたいと思います!

 

まずは、2日目!

この日から、ゲストハウスで出会った旅人の方などと行動を共にし、色んな名所を回っていきました!

特に、同年代の日本人カップルがいたのですが、まあ、このカップル特に彼氏がおもしろくて(変人で(笑))、とても仲良くなりました!

この後の写真にちらほら出てきます(笑)

 

 

2日目は

「クバールスピアン」

という、水中遺跡に行きました

 

シェムリアップのみならず、陸上の遺跡は、多くの場所に存在していますが、

水中遺跡って珍しいな~

しかも、アンコールワットのチケットで入れるとのことで

今回のシェムリアップ旅行の結構楽しみ度が高いスポットの1つでした、、、が

 

実際の画像がこちら、、、

 

 

f:id:ss5966-0753:20180905121003j:plain

 

全然水ないやん!!!

これやったら、水中遺跡ってか、ただ、地面に作った遺跡やん!

 

これが正直な感想、、、(笑)

 

まあ、確かにマチャン(前回から登場のトゥクトゥクドライバー)も、

 

今年は雨が少ないから、湖とかも水位 低いんだよね~

 

とは、言ってたけど、、、

 

ほんとだったら、もっと水があるみたいで、下の写真の3人立っているところが、橋になっていました。

 

f:id:ss5966-0753:20180905121040j:plain

 

水があるときがどんなものかを見たい方は、

「クバールスピアン」

と検索してみてください!

すごい、いい感じの遺跡が出てきます。。。。。

 

ちなみに、ここまでの道中は、

トゥクトゥク+徒歩

 

徒歩はほぼ登山のようなもので、

このような道をぐんぐん上がってきました!

 

f:id:ss5966-0753:20180905121737j:plain

 

この道中の森はむっちゃおもろい(笑)

 

自然むっちゃ豊やし、7月なのに、全然暑くないし、

上から垂れてるツルにぶら下がろうとしたら、ツル切れて一緒に木落ちてくるし、

f:id:ss5966-0753:20180905122230j:plain

 

なんでこれで崩れずに立ってんの?

っていう岩あるし、

大自然の中にところどころ、人工的な意図も感じて、

岩にも、遺跡に似たような絵を掘ってるところもあるし、

 

この大自然全体が、

まるで遺跡みたいやな~

と思いながらの森の中散歩でした!

 

目的地は、水中遺跡だったんだけど、

 

ただ、そこだけを楽しむんじゃなくて、

その道中も楽しめば、他にも色んな発見できるんだな~って

 

たった1、2時間の散歩だったけど、なんか人生の教訓のようなものを感じれました!

 

 

ちなみに、目的地へ向かう途中、なんか滝っぽい音するよな~と思い

みんなと少しだけ別行動を取り、音のする方へ、、、

 

滝ってほどではなかったけど、

ここにも別の遺跡が!

 

ただ、目的地との往復じゃ見つけれなかった場所!

 

なんなら、今回に限っては、本来の目的地より喜びが多かったかも!

 

(諸事情により、写真はありません(笑)

気になる方は是非ご自身の目で(笑))

 

この滝の音のする場所への行き方ですが、

 

 

先ほど写真で紹介した、橋のようなものには、人が2、3人は入れるような貫通した穴があります。

この穴、女性でももちろん降りれます!

 

この穴を降りて、下る方へ歩いていくと、階段が見つかります!

 

その階段の続く方へ歩いていくとたどり着けます!

 

 

説明ざっくり過ぎてわかんねーよ!って??

 

その通りです(笑)

 

なんせ僕自身、ここ行けんじゃないかな~くらいの冒険気分で突入した場所なので、

すいません(笑)

 

ですが、このヒントがあれば、冒険感覚でこの道にはたどり着けると思います!

(もし、僕が一緒にいるタイミングであれば、案内しますけど、、、)

 

 

とまあ、こんな感じで2日目の目的は完了~~~

 

もちろん、この日はがっつり時間を持て余しましたが、

3日目の朝日、5時出発だし、軽くお酒を飲んで、早めに就寝!

 

のはずが、、、

話だしてしまうと止まらないんですよね~

その仲良くなった、クレイジーな彼氏さんと2時?3時?くらいまでいろいろと話してました(笑)

 

まあ、それでもちゃんと起きるんですけどね?

目的があれば!

 

ということで、3日目に突入~

前回ちらっとだけ、写真をお見せしたアンコールワットからの朝日スポットへ!

 

f:id:ss5966-0753:20180830192216j:plain

 

こちら、アンコールワット内にある池からの朝日なのですが、

池にもう1つのアンコールワットが現れるということで、大人気スポット!

 

この日も、「抜群の朝日!」とはいかなかったものの、たくさんの観光客にツアーの方々が来られてました!

 

こんな朝早くからガイドさんたち大変だな~なんて思ってると、、、

 

f:id:ss5966-0753:20180905124923j:plain

 

もう朝日は飽きちゃったのかな~

 

池にある蓮の近くで遊んでいる人を発見!!!!

ここは世界遺産ですよ~

って言いたかったけど、とっても楽しそうだったのでしばし、朝日と共に鑑賞していました

 

ちなみに、この立っている2人が、噂のカップルです!

 

僕は、この後、

 

この彼氏さんと、マチャンと3人で半日ほど観光をすることに、、、

 

これが、まあ楽しかった!

 

この観光については次回になるかな~~~

 

 

ちなみに、話はアンコールワットからの朝日に戻るのですが、

ガイドブックなどにも乗っている、先ほどの池とはまた別の場所からの1枚

 

f:id:ss5966-0753:20180905124351j:plain

 

個人的には、ここからの眺めの方が好きだったな~

 

人も全然いなくて静かだし、なんとなく落ち着いてる雰囲気だな~と思いました!

 

ここは、アンコールワット内の1つ目の入り口超えると、

ずーとアンコールワットに続く道があるんだけど、

その道には乗らず、入り口を入ってすぐ、右に曲がったとこらへんです!

 

気になる方は是非!!

 

よし!今回はこれにて!

 

次回は、3日目後半!

かずきくん・マチャン・清水

がお送りする3人観光からスタートしたいと思いまーす!

 

ではでは!