Shohei's Travel Brog

国内外問わず、旅などのことを書きながら「何かにチャレンジしてみよう!」という「きっかけ」になればと思い、書いてます!

カンボジア記~プノンペンPart1 酒井さんとの出会い!+ちょろっと観光編~

30, June, 2018 & 1, July, 2018

 

皆さん!こんにちは!

 

前回で、シェムリアップ編が終わりました!

シェムリアップ編、長かったですね、、、

 

 

読んで頂いている方に、少しでも、

 

何かをすることの楽しさを伝え、やってみるきっかけになってもらえれば

 

と思い書いていると、シェムリアップだけでも5回分になってしまいました(笑)

重要な登場人物も複数人いましたし!

 

今回からカンボジアの首都、プノンペン編!

 

プノンペンでは、「酒井さん」にお世話になりっぱなしでした(笑)

 

 

この方、なんとカンボジアプノンペン

 

カンボジア日本技術大学

 

という、介護系に特化した大学を今年9月に開校されました!

 

f:id:ss5966-0753:20180920000108j:plain

 

僕が、お伺いさせて頂いたときは、学校は完成し、生徒募集など開校直前の大詰めの時期でした。

 

カンボジアのみならず、東南アジアには、日本語を勉強している学生が本当にたくさんいます。

 

理由は、様々で、

 

将来、日本で働きたい

自国の日経企業で働きたい

実習生に行きたい

 

といった仕事目線から、

 

日本の文化が好き

日本の漫画・アニメ・映画が好きで日本語で読めるようになりたい

日本に旅行に行きたい

 

といった目線もあります。

 

勉強を始めるきっかけも様々で、

以前1週間ほど、日本を一緒に回ったベトナム人の中には、

 

日本語の勉強はしたことがないから

「ありがとう」しか話せなかったけど、

日本で1週間過ごして、とても日本のことが好きになったから、

ベトナムに帰ったら、日本語を勉強して、来年日本に来るときには、少しでも日本語が話せるようになるよ!

 

と言ってくれた方もいらっしゃいました!

 

この一緒に回ったツアーに関しては、またいつか書きます!

 

 

このように、多くの人が日本に興味を持ってくれている中、

 

高齢者に対しての介護をカンボジア人自身で行えるようにする

 

ことを目標に、日本語教育も行いながら介護の技術を教えていくために大学を開設されました!

 

日本には、海外の国々に誇れる技術がたくさんあります!

その技術を日本に学びに来る学生もいれば、現地にて、その技術を伝えようとされている日本人もいるということを知りました!

 

ちなみに、この学校の内部設備は、ほんとに日本さながら!!!

 

自分の目で見てびっくりしました!

 

この環境下ならば、とても高い技術を持った学生が育つこと間違いなしだと思います!

 

 

 

 

さてさて、そろそろプノンペンでの生活に入っていきますか。。。

 

 

プノンペンへは、ベトナムホーチミン市からバスで7時間くらい

 

道中、国境越えなど、特になんのトラブルもなく快適にプノンペン入りできました!

めでたしと言えばめでたしだが、何か面白いこと起きないかな~と思ってた自分もいました(笑)

 

まあ、あったといえば途中の休憩地での虫料理くらいかな~

(見たくない人はすっとスライドしてください(笑))

 

f:id:ss5966-0753:20180919170632j:plain

 

f:id:ss5966-0753:20180919170748j:plain

 

 

どの国のナイトマーケットにも、サソリとかその他いろいろ売っていたのですが、

とりあえず高いわけですよ、、、

なんで虫系こんなに高いと????

 

絶対

観光客がおもしろがって食うから高く売っちゃえ

的な考え方ある気がする、、、

 

確かに、シェムリアップのナイトマーケットで楽しそうに食べてた欧米人の女性いたな~(笑)

 

 

味はね、特に食べるべき味でもないし、思ったよりまずくもないんだよな、、、

 

 

まあ、こんなところで無駄な時間は使わずに、プノンペンへ行きましょう!

 

プノンペンには19時頃に着きました!

1発目のカンボジア飯は、酒井さんに連れていってもらい、クメール料理を食べに行くことに!

 

個人的にはクメール料理は得意ではないかな(笑)

がクメール料理への感想、、、

というかそれまでいたベトナム料理が美味しすぎた!!!

 

 

この連れて行って頂いたお店の写真等はないのですが、別のクメール料理の写真をお見せします!

(実は、ベトナムカンボジアの計5ヶ月越えの写真・動画データが入ったUSBを2本無なくしました(笑)しかも日本で、、、誰か見つけたら教えてください、、、

というわけで、写真が少ないのです)

 

f:id:ss5966-0753:20180919173350j:plain

 

フルーツジュース系はほんとにどこで飲んでもおいしい!

濃いのに安くて最高です!

あ、ここは結構高級なお店です(笑)

 

ちなみにこの黒い器に入っている料理は

「アモック」

というクメール料理です。

 

ココナッツミルク風カレーとでもいえばいいのかな~

中には魚の身が入っております!

 

別に、まずくはないんですよ!

ココナッツ系の味付けが好きという方には絶対人気だと思います!

 

でも、僕は得意ではないかな(笑)

 

 

クメール料理よりシンプルな肉の焼き物系の方がうまいです(笑)

 

日本でも、食べれるお店は多くあると思うのですが、一番のおすすめはカエル

 

プノンペン2日目の夕食で、カエルの素焼きを食べましたが、カエルってむっちゃうまいし、しかも他のお肉と値段変わらないんですよね(笑)

あ、こちらの写真も閲覧注意にしときますね(笑)

 

f:id:ss5966-0753:20180919174634j:plain

 

カエルのお肉は焼きだけでなく、唐揚げや煮付けなど、なんにでもいけてそれでいてまじでうまい!

 

これは、ほんとに皆さんに食べてもらいたい1品です!!

 

 

 

 

プノンペンに行った方はほぼ全員行かれているかと思いますが、

トゥールスレン博物館・キリングフィールド

に行ってきました。

 

 

皆さんは「ポルポト」という言葉をご存知ですか?

 

僕は、プノンペンに行くってなるまで、ほんとに聞いたことがある程度でした。

ですので、行く前に、ネットなどで色々と調べていきました。

 

正直、調べている途中から、理解の許容を超え、なにがなんだかわからなくなってました。

加えて、自分の目で見てみたいと思いました。

 

 

トゥールスレン博物館・キリングフィールドともに、日本語の音声ガイドがあります。

説明内容とても細かく、さらには実際の証言音声(英語)も録音されており、ガイドを聞きながら施設内を回っていました。

 

 

自分が知らないところで、このようなことが起こっていたのか

しかも、ほんとについ最近まで

 

 

もし、カンボジアに行くことがなければ、おそらく一生このことについては特に知らなかったんだろうな~

 

と思うと、少し怖くなりました。

 

 

 

日本に住んでいると、日本の歴史については、聞くし学ぶし、おのずと理解できるかと思います。

 

海外の歴史についても同様に、現地に行くとなれば、少しは自分で調べるし、その場で色々と感じることもできます!

 

 

やはり、実際に行ってみることって大事なんだなと思いました。

 

 

様々なことについて今では、ネットで検索するといろいろと知ることができます。

とても便利ですよね!

 

でも、興味を持ったなら、ぜひ自分の目で!

 

これはほんとに思います!

 

いつも読んでくださっている方は、

もう聞き飽きた!

と思うかもしれませんが、

僕がブログを書いているのはこれを伝えたいからです!

ですので、許してください!(笑)

 

 

 

話は変わりますが、

酒井さんの大学開校に向けて少しお手伝いをさせてもらいました!

 

どのようなお手伝いをさせて頂いたかについては次回へと続きます!

次回は、その他に、カンボジア最後の最後に待っていたもう1つの落とし穴についても書きます!

 

ではでは、また次回!