Shohei's Travel Brog

国内外問わず、旅などのことを書きながら「何かにチャレンジしてみよう!」という「きっかけ」になればと思い、書いてます!

カンボジア記~プノンペンPart2 最終日にでかすぎる「落とし穴」が編~

1・2・6, July, 2018

 

さてさて皆さん、今回でカンボジアも最後かな~

 

長かったカンボジア記にお別れを告げる前に、ラストプノンペン編に行きましょう!

 

プノンペン2日目の活動は、

前回の記事の「トゥールスレン博物館」「キリングフィールド」に加え、

酒井さんの「カンボジア日本技術大学」のビラ配りに参加させて頂きました。

 

JLPT(日本語能力試験)という、英検のようなTOEICのような感じの日本語を勉強している学生へ向けた試験が、年に2回(7月と12月)あります。

 

ちなみに、このJLPTは「N1〜N5」という5段階のレベルがあるのですが、N1,N2はマジで難しい、、、、

JLPTの勉強をしている友達の宿題を見せてもらったことがあるんですけど、

これ、自分が試験受けても受からんかも

と思いました(笑)

 

 

この試験が、ちょうどプノンペンにいるときに、プノンペン大学が会場となり、開催されていたため、プノンペン大学に行ってきました!

 

試験が終わって、帰っていく学生さんたちにビラを配りながら少しお話を

 

学生さんたちが、「日本人がいる!」と気づくと、

向こうから笑顔で

 

こんにちは~

 

と寄ってきてくれます。

 

 

僕)試験どうでしたか~?

 

学生)できました~

学生)びみょうです~

学生)難しかった、、、

etc

 

 

質問に対してのレスポンスがまるで日本人!

 

その後は、学生さんの方から

 

何してるんですか~?

カンボジアにどのくらいいるんですか~?

何歳ですか~?

 

などと言った質問から会話をするという流れが何度も!

 

 

カンボジアで思ったんだけど、

この国の人たちって本当に純粋ないい人が多いと思う

 

 

すれ違いざまのバイクの運転手に手を振ると、

フルフェイスのヘルメットの顔の部分を開けてまでも

ニコッってしてくれるし、

 

道端で遊んでいる子どもたちも笑顔で手振ってくれるし、

 

受験後の学生さんたちも、いっぱい話をしてくれるし

 

マチャンだし!

 

 

ここの人たちほんとに好きだわ~と感じました。

 

 

 

ちなみに、この日、チラシを見て、「より詳しい話を」と言ってくれた学生が何名かいました!

 

カンボジア内で日本の技術を学べる場って少ないのかな?

 

チラシの減り具合も尋常じゃないし、正直びっくりしました!

 

 

 

そして、週末には、七夕祭りが!

 

f:id:ss5966-0753:20180921232403j:plain

 

日本から寄贈されたバスが展示してあったり、

 

f:id:ss5966-0753:20180921232442j:plain

 

のど自慢大会が行われたりしてました!

(大会参加者の歌声は時間の関係上聞けず、、、)

 

イベント会場の入り口でも、日本の歌を歌っている学生がいたりもして、

日本の文化がとても人気でいてくれることがほんとに嬉しかった!!!!

 

 

意外とどの国でも、日本にちなんだイベントが開催されてます!

海外に行った際に、もし、ちかくでそのようなイベントが開催されていれば、

ぜひ、参加してみてください!!!

すごく日本っぽいところもあれば、それ違うくね?というところもあっておもしろいです!

 

日本にちなんだものと言えば、プノンペンには「イオンモール」が2つもあります!

 

日本国内で、1都市に2つもイオンモールがあるとこってあるんかな??

 

 

しかも、このイオン、なんとデートスポットらしいです!!!(笑)

プノンペンインターンをしてた同年代の日本人の女の子いわく

 

カンボジア人の男の子にデートに誘われて連れていってもらった場所がイオンモール

 

だったそう(笑)

 

 

でも、実際にイオンに行ってみたら、なんとなくわかった!

日本のイオンモールよりテーマパーク感がある!

 

中の作り方、芝生や木などを使った緑、キッズスペース

そして、なんといっても最上階にミニ遊園地ありましたからね!

 

このミニ遊園地、室内なのにフリーホールにバイキングなんかもありました!

 

そして他にも、TVスタジオなどもあり

確かにデートスポットにもなりうるかも、、、

 

 

 

テーマパークと言えば、、、

プノンペンにはこのようなテーマパークもありました!

 

f:id:ss5966-0753:20180921232155j:plain

 

この写真撮ったのは日曜日

でもお客さんはゼロ

 

というかここ、入り口もなければ係員も見当たらないし(笑)

一応営業中だったらしいですが、、、

 

 

現在、開拓中の地域なので、数年後にはむっちゃ繁盛してる可能性はあり!(笑)

 

 

とまあ、こんな感じで、カンボジアはほんとに楽しいところだし、約1週間でむっちゃ満喫しました!

満喫したんですよ!

なのに、最後に落とし穴が。。。。

 

 

まずは、この落とし穴の話をする前に、前置きの話をさせてください!

前置きというか、今考えると、ここがこの落とし穴の始まりだったのかも、、、

 

 

僕、実はカンボジアに行く前に3ヶ月ちょっとベトナムにいて

カンボジアに行った後、またベトナムに戻ってから日本へ帰国だったので、

ベトナム入国時に持っていた3ヶ月ベトナムビザに加え、追加で1ヶ月マルチビザを更新するが必要だったわけですよ

 

もちろんこのことは理解してたので、ベトナム国内で、更新の手続きをしました。

その時に、代行業者ではなく、自力で更新しようと試みました。

(代行業者が思ったより高くて、、、) 

 

ただ、手違いで、マルチではなく、シングルビザがついてパスポートが返ってきたので、

 

「マルチでお願いしたんですけど~」

 

というと、

 

「あ、どこの国境使う?

そこの国境越える用の書類作るから!」

 

という話になり、ちゃんと政府の印も押してある書類を頂きました。

 

 

 

さて、時はカンボジア最終日、プノンペンからホーチミン市へ行くバスターミナルに戻ります。

 

この区間の国境越えのバスでは、

バスのスタッフが出発時にパスポートを預かり、国境では代理で出入国の手続きをしてくれる

というシステムです。

 

僕も、バスに乗るときに、パスポートを渡しました。

 

すると

 

「これ、俺らじゃできないよ?

後、国境で追加料金いるよ?」

 

と、スタッフさんに言われました。

 

 

ん???

そんな話聞いてないよ???

 

改めて確認すると、追加料金は必要とのこと

 

まあ、確かに代行業者の金額からするとだいぶ安かったからそこはよしとしよう

 

 

バスのスタッフではできない

ってどういうこと???

自力でやれってことだよね??

 

 

 

ある記事で、バスのスタッフが代理で出入国の手続きをすることを断って自力でやった結果、

他の人よりだいぶ時間がかかり、バスは待ってくれずに、国境付近に取り残されたという話を読んでいました。

 

 

 

このとき、その記事が何回も頭の中をよぎりました。

 

 

 

これ、俺、国境においていかれるやつ?

 

 

当初のホーチミン市到着予定は20時頃

次の日の朝一の飛行機で俺は帰国予定

 

国境に置いていかれて、自力で飛行機の時間までにホーチミン市へたどり着けるのか?

 

いや、まず、ちゃんと出入国できる?

 

 

色々な不安と疑問が頭に浮かんでくる

久々に、焦りました。冷や汗かきました。

いつもは、「なんとかなる」という考えで生きている僕ですが、

これはさすがに「やばくね?」と思いました。

 

 

プノンペンから国境までの道のり、まじで気持ちが落ち着かん(笑)

 

 

国境が近づいてきて、予定通りご飯タイム

 

 

そこで、スタッフに言われた。

 

 

ここから自力で国境行って、出入国してきて!

バスは予定通り動いてるから、ちゃんと間に合ってね!

(実際はもっと強めの口調です。)

 

 

いや、ちょっと待って。。。

これ、まじでおいていかれるやつやないん?

 

 

このとき、前回の記事から登場している酒井さんにヘルプを要請していました。

 

バススタッフの英語力と僕の英語力じゃ正確な情報交換ができないと思い、

酒井さんの学校のカンボジア人スタッフ(日本語堪能)のお力を借りることに

 

 

色々話してもらったが、結局自力で国境を越えることに。。。

 

 

やべーなーと思いながら、とにかく国境へ向かいました。

ただ、この時点で、

 

自分の荷物を持っていけ

 

とは言われなかった。

これに対しては、安心感と疑問がありました。

でも、とりあえず荷物のっけてくれてるってことは、

 

おいていくつもりではない

 

祈りました(笑)

 

 

国境に着き、手続きをしようとしていると、

なんとまだ、出国もしてないのにバスが追い付いてきました。。。

 

 

え?早すぎん?

早食い対決でもしてきたん?

 

ってくらい早かった。

 

 

でもね、みかねたバスのスタッフが、国境にいるおそらく代行の仕事をしてお金を稼いでいるであろうカンボジア人に頼んでくれました。

 

もちろん有料ですけど(笑)

 

 

バスは先に進んでいく中、そのおっちゃんと一緒に出国手続きやら入国手続きやらを進めていきます。

 

ちょっと進む度にやたらとお金を要求してくるおっちゃん

 

さっき払ったやん?というと

あれはこのお金で、今から必要なのはこれのお金でと色々と言ってきます(笑)

 

多少は払うのもしょうがないと思い払いましたが、

それでもずっとおっちゃんはチップを要求してきました(笑)

 

しまいには、「コーヒー飲みたいから10ドルくれ!」と。。。

 

いや、もうそれ仕事関係ないやん!!!

しかも10ドルのコーヒーってどんだけ高級なん???

 

もちろんこのチップは払ってません

 

 

最終的に、ベトナム入国を終えたところで、バスは待っててくれて、無事ホーチミン市へたどり着けたました。

 

ですが、 

国境を越えるために色々と払った金額を考えると、素直にビザ代行業者にお願いした方が多少安かった、、、

 

ん~、まあ、すべていい経験ですね!(笑)

 

 

慣れてないことするときには失敗はつきもの

 

ってことにしときます(笑) 

 

 

 

ということで、長かったカンボジア記終了!!!!!!

 

 

今回まで、過去をさかのぼっていたので、次回からは、現在に近づいていこうと思います!

10月半ばには現在へ追いつくことを目標に!

 

それではみなさん!また次回!!

次回はハノイの予定です!