Shohei's Travel Brog

国内外問わず、旅などのことを書きながら「何かにチャレンジしてみよう!」という「きっかけ」になればと思い、書いてます!

ルアンパバーン!!~そこは街全体が世界遺産という癒しの場所~

30, August, 2018

 

皆さん!こんにちは!

 

前回から少し日にちが空きましたが、前回の投稿でなんとかルアンパバーンへ到着し、今回からラオスの旅に入っていきます!

 

 

 

皆さんはこのことを知っていますか?

 

ルアンパバーンは街が世界遺産に登録されている

ラオスニューヨークタイムズで「世界で1番行きたい国」に選ばれた

 

 

 

この2つを聞くと、自然と気持ちがたかぶりますよね??

 

会ってきたバックパッカーの人たちも、ラオスは大絶賛している人ばかりでしたし、とてつもなく期待している場所でした!

そして、この街は期待を大きく上回る街でした!

 

 

 

 

ハノイからの長旅で疲れが溜まっていたので、ルアンパバーン1日目の朝はのんびりと起床

 

ルアンパバーンで泊まっていたゲストハウスのカフェからは川が見えるし、すごいおしゃれでした!

 

f:id:ss5966-0753:20181007164226j:plain

 

ルアンパバーンは、暑すぎず寒すぎずで、ここのカフェで、のんびりとした時間をしばしすごしました!

 

しばしば、この川を眺めながらパソコンつついたりボーっとしたりしてたな~

 

 

 

また、ここは朝ごはんがついていて、レパートリーも結構あるので、多少長く滞在しても飽きることは絶対ないな~

 

その中で1番はまったのが、パンケーキ!

 

f:id:ss5966-0753:20181007164108j:plain

 

バナナをペーストにして入れているらしく、とてもふわっとしているしこれがむっちゃうまい!

何回かリピートしました(笑)

 

 

朝ごはんを食べた後は、散歩がてら換金に!

 

ナイトマーケットが行われる通りのところに換金所がいっぱいあるとのことだったので、レート見ながら換金所決め!

 

ちなみにこの通りはこんな感じです!

 

f:id:ss5966-0753:20181007164454j:plain

 

セブ→ハノイときて、ルアンパバーンにたどり着いたのですが、今まではクラクション当たり前の場所にいたからこそ、この街の静かさと落ち着いた感じはほんとに癒しでした!

 

空気もとてもきれいだし、自然と気持ちがのんびりとなる場所で、
いるだけでリラックスできるような場所がルアンパバーン

 

さすが、世界遺産の街ですね!!!

 

 

昔のフランス統治の名残か、建物やお店の雰囲気もおしゃれで、 ほんとにいい街ですよ!

 

 

 

さて、数ある換金所の中から換金する場所を選び換金完了!

 

f:id:ss5966-0753:20181007164518j:plain

f:id:ss5966-0753:20181007164508j:plain

 

やばくないっすかこの枚数??

別に多額の金額を換金したわけではないのですが、こんな枚数に化けました!

 

枚数の多さにテンションが上がってこんな写真を撮っていましたが、

この時、手に持っているお金が、だいぶ少ないなんて気づきもしませんでした。。。。。

 

 

換金も終わり、ルアンパバーンでしたかっとこと1位の

象使いになる

ための事前予約を済ませ、お昼ご飯を食べに行きました!

 

先ほどのゲストハウス併設のカフェから見える川はメコン川ではないのですが、

お昼は、メコン川が見えるところで食べたいと思い、近くのメコン川沿いのお店へ!

 

 

ルアンパバーンは、街がそこまで広くないので徒歩だけで移動可能です!

交通量が多いわけでもなく安全だし、

少し坂はあるけど、基本歩きやすいので、ルアンパバーン滞在中は基本徒歩移動がいいと思います!

東南アジアで、あんなに気楽に歩ける場所も少ない気がします!

 

 

メコン川沿いのお店がこちら!

 

f:id:ss5966-0753:20181007164553j:plain

 

f:id:ss5966-0753:20181007164541j:plain

 

ここで、ラオス名物の「ラープ」を食べました!

 

f:id:ss5966-0753:20181007164621j:plain

 

ラープというのは、挽き肉と薬草系、野菜を炒めた料理です!

お肉の種類は豚や牛、鳥など様々で、自分の食べたいものをチョイスできます!

 

正直、すごくおいしいわけではないかな~

まあ、ラオスに行ったからには是非食べてほしいけど、何回も食べるものではないかな~

 

宿であった連れが食べてた麺料理はむっちゃうまかった(笑)

 

f:id:ss5966-0753:20181007164615j:plain

 

ぱっとみ少し辛そうに見えますが、結構優しい味で食べやすく、個人的にむっちゃ好きな1品でした!

 

 

 

ご飯食べてゆっくりしてると突然のゲリラ豪雨が、、、、

 

弱くなるのを待って宿に戻り、雨が完全に止むまでは宿で待機することにしました。

 

 

 

待機中、一緒に換金した連れが、

 

なんかお金が足りん気がする。。。

 

と言い始めたので、お互いに確認を

 

 

するとなんと、

 

約5,000円分くらい足りない!?!?!?

 

何度確認しても、やはり足りない

 

 

換金後にお金を使ったのは、象使い用の予約とお昼ご飯のみ

 

どちらでも、ぼったくられてはないので

 

 

犯人は、換金所のおばちゃん

 

 

換金してもらった後、だいぶ枚数が多かったので、確認するのに手こずっていると、

おばちゃんが親切に、数えるのを手伝ってくれて、

OK?的な雰囲気かもしてきたので、

親切なおばちゃんやな~いい人や!

 

 

とかおもっとったら、完全にやられたわ、、、、

 

日本円との額の差が大きすぎて確認を怠った自分が悪いんですけどね(笑)

 

 

皆さん、換金するときは、しっかりと確認をしてくださいね!

 

ちなみに、この時、レシート的なものももらっていませんでした。

 

普通は、レートと日本円の額、現地通貨額が書いたレシートみたいなものをもらえ、それを使って金額を確認できるのですが、

それをもらえなかった時点で、怪しむべきだったな~

 

もし、

「お金足りんのやけど??」

って言ったとしても、

「日本円この分しかもらってないよ」

と言われたら、レシートもないから証拠もないので、どっちみちもらえんかった可能性もあるかもと思いました。。。

 

 

 

 

 

「5,000円という金額」

僕みたいな日本人の大学生だと、1日バイトをすれば稼げる金額か~

 

ラオスの平均月収は100USDくらいという話を聞いたので、「5,000円」だと、月収の半分くらい

 

 

これ以上先は、僕の個人的な意見になるので書きませんが、

「5,000円」っていう価値だけでも、こんなに違うのか。。。。

 

なんだか色々な感情が湧いてきました。

 

 

まあもちろん、お金抜くことは間違ってることだと思いますよ。

 

東南アジアはぼったくりする人が多いってよく言うけど、実際はそうではないと思ってます!

 

 

東南アジアを周りながら、色んな現地の人と話していますが、大多数が、むちゃくちゃ親切!

 

正直、日本にいるときより、

「親切な人多いな!」

と思っています!

 

道が分からないときに聞いたら絶対教えてくれるし、その人が知らなかったら周りの人にも聞いてくれる

お店で英語が通じない店員さんだったとき、お客さんで英語できる人が通訳してくれる

 

他にもいろいろ、ほんとにここの人たちは優しいな~

 

と思うことが、東南アジアにいてしょっちゅうあります!

 

 

これは自分で現地で生活をしたから感じること!

 

 

でも、ぼったくりをしようとしている人たちがいるのも事実。

特に、こういった人たちは、観光客をターゲットにしているから、なおさら、このような人が多いと感じるのかな~

 

サービスしてくれたらもちろんその分のお金は払うし、チップも払うし、、、

 

だから、無理にぼったくりしなくても

 

とも思うけどな~

 

 

取れるところからは取れるだけ取れ

 

っていう感じがなくならんと、ほんとの意味での発展は。。。

 

まあ、個人的な意見ですよ?(笑)

 

 

 

 

雨も、止んで、お腹も空いてきたので、気を取り直して晩飯を食べに行くことに!

 

先ほどの、換金所周辺のナイトマーケットに繰り出していきます!

 

 

f:id:ss5966-0753:20181007164705j:plain

 

ここの焼き鳥

身が新鮮なのかとてもぷりぷりですごくおいしかったので滞在中に3,4回通いました!

最後の方は安くしてくれたりする家族経営のお店です!

 

f:id:ss5966-0753:20181007164647j:plain

 

f:id:ss5966-0753:20181007164639j:plain

 

この店もそうだけど、こんな感じで、色々なものを置いてる屋台がたくさん!

 

値段も安いし、こんな感じの屋台で食べ歩きできるのも東南アジアの強みかな~

 

まあ、ちょっと作り置き感があるけどね(笑)

 

 

ちなみに、どこの国で食ってもソーセージはおいしくない!!!

 

 

プリッと感とかジューシー感もないし、、、、

 

 

 

フルーツジュースの店などもたくさんあり、ここのナイトマーケット結構おススメ!

 

 

今まで色んなとこのナイトマーケット行ってきましたが、

初めて、

「これにはいくら出してもいいから買いたい!」

と思った商品と出会うことができました!

 

 

 

「この商品の紹介」や「象使いになるまで」については、また次回に!

 

盛りだくさんのラオスの旅、今後もお付き合いください!!!

 

では、また!