Shohei's Travel Brog

国内外問わず、旅などのことを書きながら「何かにチャレンジしてみよう!」という「きっかけ」になればと思い、書いてます!

ラオス国内の楽園!?ラオス第2にして南部最大の街、パクセーとは!?

6・7, September, 2018

 

皆さん!こんにちは!

 

 

今回はラオス南部の街、パクセー編です!

 

皆さんは「パクセー」という街をご存知ですか??

 

多くの方が、ルアンパバーン・バンビエン・ビエンチャンには行かれるのですが、パクセーに行かれる方は少ないようで。。。

 

あ、ちなみに今回僕はバンビエンに行きませんでした。

バンビエンは水関連のアクティビティの町として有名ですが、

ちょうど雨季だったため諦めました。

 

 

パクセーは、ラオス第2の都市であり世界遺産もある街なんです!

ラオスには以前に書いた「ルアンパバーンの街」と「ワット・プー」という2つの世界遺産があります。

 

 

 

実際には、パクセーという街は、南部の観光の拠点になっているみたいで、ワット・プーへも車で1時間ほど離れています。

 

ちなみに、このワット・プーは、カンボジアアンコールワットよりも古くに建てられたと言われています。

 

 

まあ、僕はこのワット・プーには今回行ってないんですけどね(笑)

 

 

パクセーからは、メコン川に浮かんだ島にも行くことができます!

 

僕の今回の目的はこっち!

 

 

 

 

 

とまあ、ここまで簡単にパクセーの紹介をしましたが、

実際の日々に戻っていきます!

 

 

ビエンチャンからパクセーの移動も、もちろんバス!!

 

f:id:ss5966-0753:20181027160107j:plain

 

f:id:ss5966-0753:20181027160116j:plain

 

今回のバスはこんな感じなのですが、このベッド、シングルサイズより少し大きいくらい。

 

 

え?こんなベッドが準備されたバスとかむっちゃいいやん!?

 

って思った方、それは甘いですよ~

 

誰も、このベッドに1人で寝るとは言っていませんよね?(笑)

 

 

そうなんです。これは2人用なんです。

 

 

しかも、誰と寝るかはその時次第(笑)

 

 

まあ、僕の場合は2人分を買ってたんで

 

 

とかいうリッチなことはしてないですよ(笑)

だって安いからっていう理由でバス選んでるんですから!

 

 

バスターミナルに行く前に宿にピックアップが来てくれたのですが、そのピックアップの車には1個上の日本人の男性が!

 

しかもターミナルについてチケットをもらうと連番!

 

これはワンチャンか??

 

と思いバスに乗り込むと、予想は的中!

 

僕とその方でベッドを共有でした!

 

 

僕にとってはラッキーでしたが、彼にとっては最悪かな(笑)

現地の人より確実に僕の方が身体はでかいので(笑)

 

 

しかも席は1番前!

これにも最初はテンション上がっていたのですが、

 

フロントガラスなどに木が当たることを気にしない運ちゃんたち

 

ガンガン木が当たるもんでまあうるさいこと(笑)

 

寝れないほどではないんですけど、フロントガラスには数か所ヒビが入っているし(笑)

 

まあ、眺めはいいしこれはこれでおもろいか~

と思いつつその方とおしゃべりをしながら眠りに着くことに。

 

 

眠り自体はとても快適だったのですが、

朝、フロントガラスとサイドガラスから差し込む強烈な朝日による暑さで目が覚めました。。。

 

そうです。むちゃくちゃ暑かったんです。

 

エアコンも夜は十分なくらい効いていたのですが、朝日には勝てないらしい。。。

 

 

この暑さのおかげで軽く熱中症気味に。

 

 

長年野球をしていたので直射日光の暑さとかにはものすごく強いのですが、

室内の暑さというのがどうも苦手で。

体育館での中練の日とかいつも気分悪くなってたんですよね。

 

そして今回がそんな感じ。

 

いや~ほんとにしんどかった。

 

 

なんとかパクセーのバスターミナルに着き、宿まで近かったので歩いていったのですが、

まだチェックインの時間じゃないためチェックインできないとのこと。

 

 

熱中症気味だったため少しゆっくりしたかったのですが、まあ時間の関係だから仕方ないと思い、

目的地である島に行くチケットを探すことに。

 

 

次の日には島に行く予定にしてたので、この日のうちにチケットを入手する必要がありました。

 

そして、この時もう1つ、僕には縛りがありまして。

 

というのも、ちょうどこの時期、ラオス生活はほぼ終わりだったため、ラオスの現金が結構ギリギリだったんですよね。

 

なので、このチケットは極力カードで購入できるところで買いたかった。

 

 

 

それで、カードで購入できるチケットを探し求めたのですがなかなか見つからない。

 

東南アジアではカードが使えるところはまだまだ多くありません。

もちろん、それなりのクオリティと値段のところは使えますが、ローカルの飲食店などはほぼ使えません(笑)

 

宿も、使えるという事前情報はあっても、実際に行ってみたら、機械が壊れているとかまあなにかしらの理由で使えないことは多々あります(笑)

 

 

体調もいまいち+炎天下の中、チケットを探し求めて歩き回っていたため、

もう90%以上の熱中症に。。。。

 

しかも、結局、ここに行けばあるだろうと思っていた繁華街の方に行っても見つけられず。

 

 

諦めて宿に戻り、近くのとこで現金で買うことに決めたのですが、

その時いた場所から宿まで歩いて約1時間。

 

 

若干呼吸しづらかったし、頭痛も続いており、

 

さすがにやばいな~

 

というのは自分でもわかっていたので、ケチらずにタクシーに乗ろうと思っていました。

 

 

 

基本的に東南アジアのタクシーやトゥクトゥク、リキシャーなどの運ちゃんは、観光客を見かけると乗らないか~と向こうから声をかけてきます。

 

僕もそれを期待して、歩きながらも運ちゃんに声をかけられるのを待っていました。

 

 

 

のですが、、、こんな時に限って声をかけられない。

 

 

僕が、東南アジアを周っているときに安全のために1番気を使っていたことは、現地人になりきること。

 

おそらく、完璧になりきってたんでしょうね(笑)

 

 

結局タクシーは捕まらず、宿まで歩き。

 

とにかく栄養を取ろうと思い、ラオスに来てはまっているオレンジジュース!!!

 

f:id:ss5966-0753:20181027164525j:plain

 

これはほんとに生き返る!!!

最高でした(笑)

 

 

帰ったころにはチェックインできるようになっていたので、チェックインをし、シャワーを浴びてとにかくベッドに。

 

 

こんな時に限って、部屋はエアコンなし扇風機オンリーの部屋。

 

パクセーって南部なんで結構暑いんですよね。

 

ほんとにやばいんやないかな~

とか思いながら寝ることに。

 

 

4,5時間くらい寝たのかな~

 

結構体調も回復したのでなんか口に入れて元気になろうと思い、夜のパクセーを散策!!

 

宿の近くがなんだか賑やかだな~

と思っていたのですが、

 

その正体がこちら!

 

f:id:ss5966-0753:20181027164528j:plain

 

ナイトマーケットと子ども向きのアトラクション!

 

著作権的なことはあまり気にしないのがまあここらの国(笑)

でもちょっとだけ顔が違うっていうね。

 

 

 

元気をつけるにはとにかく肉を食う!

 

f:id:ss5966-0753:20181030100220j:plain

 

ナイトマーケットの焼き鳥を購入し、この日初のご飯。

 

むっちゃうまく感じました。

 

 

これだけじゃちょっと足りなかったので散策を続けていると、

見つけました!

肉まんを!

 

f:id:ss5966-0753:20181027164538j:plain

 

f:id:ss5966-0753:20181027164544j:plain

 

以前書いたか覚えてませんが、僕、東南アジアを周りながらその国の肉まんを食べることにしてるんですよ!

 

どこも同じと思っている方!?

 

国ごとで違うんですよ!!

 

ちなみにケンタッキーのオリジナルチキンの味付けも違ったりしておもろいですよ??

 

 

僕的にはもうベトナム人間になってしまったのか、肉まんもケンタッキーもベトナムがおすすめです(笑)

 

 

そしてお昼にオレンジジュースを買ったお店に再度行き、オレンジジュースを注文!

 

 

そこでのんびりと飲んでいるときに、ある出来事が起こりました。

 

さあ、ずっと読んでくださっている方は、僕の記事の投稿日と、今回のパクセーにいた日にち(記事最上部参照)を見比べてください!

 

 

わかりましたか???

 

 

そうです!

大学の野球部のやつらからの電話です!!!

 

 

酒で出来上がったやつらからの電話でしたが、おかげで体調も完全に回復できました!

 

 

とまあ、こんな感じでパクセー初日は終了!!

 

次回からはメコン川に浮かぶ島に移っていきましょう!

 

 

では、また!