Shohei's Travel Brog

国内外問わず、旅などのことを書きながら「何かにチャレンジしてみよう!」という「きっかけ」になればと思い、書いてます!

直撃インタビュー!!!~オーストラリアで出会った22歳のカップルにインタビューしちゃいました!~

8, November, 2018

 

皆さん!こんにちは!!!

 

 

今回は初の試み!直撃インタビュー記事です!

 

同年代、似たような生い立ち、共感できる部分が多いなど

皆さんと近しい人でも意外と様々なことにチャレンジしている人ってたくさんいます!

 

僕自身、海外に出てきたから会えた人もたくさんいて、

この人たちがやれてるんだったら自分にも!!!

と思い、行動のエネルギーになることもしょっちゅうです!!

 

 

 

最近思います、

 

すごいからやってる、やれてるんじゃない!

自分がしてない、できてないことをやっているからすごく見える

だったら自分もやろうとしてみればいいんや!

 

と。

 

 

そんなわけで今回、現在滞在中のオーストラリア(ブリスベン)で出会った22歳のカップルにインタビューをさせてもらいました!!!

 

僕も知らなかった興味深いことや、実際に海外に出てきて思ったこと、大変だったことなど

多くのことをお聞きしてきましたので、皆さんにお伝えいたします!!

 

 

 

今回、快くインタビューをOKしてくれたのは

『たくみくん』と『あやかちゃん』

 

f:id:ss5966-0753:20181109185009j:plain

 

お2人は香川出身で付き合って約3年になる超仲良しのカップル!

(いっとき彼女いない僕からするとなんとも羨ましい(笑))

 

 

 

 

簡単に2人の紹介をすると

 

<たくみくん>

高校を卒業後、約1年「ワーキングホリデービザ」でオーストラリアに滞在

帰国後は飲食店や現場職などをしていたが、

やはりもう一度オーストラリアへ行きたい!

と思い、今年11月より再度オーストラリアへ!

 

<あやかちゃん>

短大を卒業後、フィットネスクラブのコーチを約1年間した後、

たくみくんに「もう一度オーストラリアへ行きたいけど、一緒に行きたい」と伝えられ

不安もたくさんあったが、初海外となるオーストラリアへの1歩を踏み出すことに!

 

 

 

さてさて、ではそろそろインタビューに移ります!

 

※以下、「インタビュアーである僕→清水、たくみくん→たく、あやかちゃん→あや」と記します。

 

 

<清水>: 今日はよろしくお願いします!

<2人>: はい!

 

 

<清水>: 早速なのですが、たくみくん、なぜ高校卒業後にオーストラリアへ来ようと思ったのですか??

 

<たく>: 家族旅行で数回ハワイに行ったことがあり、その時に知っていた「Hello」などの簡単な英語が通じることに楽しさや嬉しさを感じ、もっと英語を学びたいと思い始めました!

 

高校1年のころに卒業後の進路について考える機会があり、「ワーキングホリデー」という海外で働きながら英語を身につけることができるシステムがあることをしり、卒業後はこのシステムを使って海外に出てみようと思いました。

 

実のところ、最初の頃に一番行きたかった国は「イギリス」でした(笑)

 

ですが、イギリスのワーホリは行ける人数が少ないことを知ったので他の国を探しました。 

その次に興味を持ったのは「カナダ」でしたが、移民問題などで、ワーホリの受け入れが多少厳しいとの情報を知り、一番受け入れ数も多い「オーストラリア」を選びました(笑)

 

どこの国!というよりはとにかく海外にチャレンジしてみたかったので!

 

 

<清水>: なるほど!旅行中の出来事がきっかけで海外に興味を持ったんですね!

当時のことを思い出して、実際に初の1人海外のオーストラリアに降り立った時はどんな思いを感じましたか?

 

<たく>: 実際に降り立った時は、ほんとに興奮度マックスでした!

空港から出た時に感じた空気の違い、見るものすべてが新鮮で興奮しっぱなしでした!(笑)

 

<清水>: 空港から出た時に感じる空気の違い!むっちゃわかります(笑)

その国特有だし、あの瞬間に「あ~、海外に来たんだな~」と感じますよね!

 

 

 

<清水>: 実際のオーストラリアでの生活はどうでしたか?

 

<たく>: そうですね~。むっちゃ楽しかったです!でも正直大変なことも多かったかな~(笑)

当初の予定では2ndを取って2年間いる予定にしてました。

僕はメインで「ブリスベン」という街で生活していたのですが、 

最初の3ヶ月はホームステイをしながら語学学校に通い英語の勉強をしました。

 

<清水>: ホームステイに関しては、結構当たり外れがあるという話も聞くのですがどうでしたか??

 

<たく>: 僕のところは最高でした!現地の家庭料理も食べれるし、休みの日には「ホームパーティー」や「近所の人たちとパーティー」などを開催してくれて、とても楽しかったです!

 

<清水>: それはむっちゃ楽しそうですね!語学学校を卒業後はどのようにされていたのですか?

 

<たく> :卒業後、2ndの資格を取るために「ケアンズ」にあるファームに行ったのですが、途中でオーナーとトラブルになり、2ndの資格が取れる前に「ブリスベン」へ戻ってきました。

 

<清水>: ファームでの仕事は結構体力もいると聞きますし、オーナーと合う合わないも人間だからありますよね。。。

 

<たく>: はい(笑)ブリスベンに戻ってきてからは、ジャパニーズレストランでバイトをしながらゲストハウス(バッパー)生活を送り、仕事先と住む家を探してました。

この時期が一番きつかったですね~(笑)ちゃんとした仕事も決まってないし、資金も底をついていたので。。。

 

その後、仕事も家も見つかり、1年間のビザの期間が来るまでは楽しく生活できました!

 

ブリスベンを中心に色々な場所を旅行しましたね~

なんと言ってもオーストラリアは自然が豊かだし、海がきれいなので、これらと触れ合っていると、気分も落ち着くし、最高に気持ちがよかったです!

 

<清水>: なるほど~。僕もオーストラリアに来て約3週間が経ちますが、ほんとに自然が豊かですよね!日本も自然は豊かですが、この国はなんかスケールが違う(笑)

それに海は毎日見ても飽きないし、見てるだけでほんとに気持ちが落ち着きますよね!

 

1年間のオーストラリア生活で、ご自身の英語力というのはどう変わりましたか?

 

<たく>: 思ってたよりは伸びなかったかな~

どこに行っても聞こえるのは英語なので、ヒアリングは自然と伸びました!

ただ、やっぱりスピーキングはどんどん話さないとだめですね~

 

<清水>: ヒアリングはほんと自然と伸びますよね(笑)僕も耳って慣れるんだな~って実感させられました!!(笑)

 

f:id:ss5966-0753:20181109185040j:plain

 

 

<清水>: さてさて、お待たせいたしました!(笑)あやかちゃん!

今回こうやってオーストラリアに来ているわけですが、元から興味はあったんですか??

 

<あや>: 全く(笑)というよりも自分が海外に行くなんて考えてもいませんでした。

オーストラリアの話は聞いていておもしろかったんだろうな~

とは思っていましたが、自分のことに置き換えて考えたことはなかったですね~

 

<清水>: そうなんですね(笑)では、なぜオーストラリアへ??

 

<あや>: 一緒に行きたいと言ってもらえたし、1人だと絶対来てなかったですが、一緒ならと思いました!

もちろん不安もありましたけど。。。

あ、それと!

以前、日本で一緒にカラオケに行っていた時に、彼氏が

外国人のお客さんと話していて

それを見て、すごいな~とも思ったし、私も話してみたいとも思ったからってのもありますね!

 

<清水>: なんかむっちゃほっこりとするいい話ですね~!

乾ききってる僕からするとなんとも羨ましい(笑)

 

実際に来てみてどうですか??

 

 

<あや>: まだ1週間ですが、やっぱり生活に慣れるかなど不安はまだありますね~

私、ほんとに英語できないので(笑)

でも、初めての海外・英語圏で少しずつ聞くのは慣れてきました!

 

こっちの人たちはみんな優しいと思っていたのでたまたま最初に会った人が少し冷たくて悲しくなった時もあったけど、その後からはすごく優しい人ばっかりで

環境の違い・見るものの違いとか新鮮なことが多すぎて、とにかく今は楽しいですね!!!

 

それに、私あんまり甘いもの食べないんですけど、なんだかこっちだとほしくなってきて

でも、おいしいの見つけるのがむっちゃ難しいです(笑)

やっぱり日本はどこにでもおいしいものがあるんだな~って思いました(笑)

 

<清水>: 食べ物に関しては、日本はダントツですよね!難しいと言えば、

こっちにきて、あーこれ準備しとった方がよかったな~ってものありますか??

 

<あや>: 常備薬はもうちょっと持ってきとけばよかったな~と思います。

それと、化粧品!!特にクレンジングです!

やっぱり日本のクレンジングとは全然違うので、日本のがいいな~って思います!

 

<たく>: 僕は、もう少し日本に帰っている間に英語聞いておけばよかったな~と思いました(笑)

やっぱり、2年ほど何もしていなかったのでだいぶ聞き取り能力も下がってしまいました。

 

<清水>: 継続は力なりっていうけど、特に言語に関しては、常に続けてないと落ちちゃいますよね。。。

 

これから、まだいっときオーストラリアにいるとのことですが、今後の目標ややってみたいことはありますか??

 

<たく>: 今はシェアハウスで生活してるんですけど、たまにバッパーに行って、あの自由な空間でのんびりとした雰囲気の中で過ごしたいですね~

あとは、車とか好きなのでそんな集まりがあれば参加したいです!

 

<あや>: 私は、序盤のうちにしっかりと英語力をつけて、接客業などの経験もしてみたいですね!

あと、ずっと和太鼓をやっていたのでどこかで披露できる場があればしてみたいです!

ショーとかもでますよ?(笑)

 

<清水>: 車の集まりに和太鼓のショーか!!!

何かいい集まりがあるかもしれないですね!!

 

では、これが最後の質問です。

今、日本にいて海外に出てみようか迷っていたり、なかなか1歩が踏み出せずにいる人たちに何か伝えたいことはありますか?

 

<たく>: 出ずに、どんなんだろ?って考えるのと1回でも見てから考えるのでは大きな違いがあると思います!

その後どう思うかはもちろん自由ですが、とにかく自分で見てみることが大切だと思います!

 

<あや>: 社会人になって歳を重ねてくると、様々な面で動きにくくなるのかな~と思います。ワーホリも30歳までしかできないし。。。

だからこそ若いうちに何かを見たりすることは大切だと思うし、とても有効な時間の使い方だと実感してます!

 

治安とかで不安なところもあると思いますが、全部のところが危険というわけではないので、事前にちゃんと調べて近づかないようにすれば予防はできますし、1人で行動することを避ければ、女の私でも、今のところは安全に生活できていますよ!

 

<清水>: とにかく渋っているなら出てみるべきですよね!!

お2人とも今回はほんとに、貴重なお話をありがとうございました!!!

 

(完)

 

 

内容がみっちりでちょっと長くなってしまいましたが、ほんとにいいお話が聞けました!

 

このインタビュー記事を読んでどう思うか、何を考えるかなどは皆さんそれぞれだと思うので、あえて僕の感想は書きません!!

 

 

最後まで読んでくださった方ありがとうございました!

 

では、また次回に!!