Shohei's Travel Brog

旅などのことを書きながら「何かにチャレンジしてみよう!」という「きっかけ」になればと思い、書いてます!

LIFE CAMP PROJECT IN VIETNAMの詳細を一挙大公開!!

 

「LIFE CAMP PROJECT(LCP)」って
どんなもの??

 

自分の力で海外へ行き、本物を見て、感じるプロジェクトです!

 

「日本での事前活動約3ヶ月」+「現地活動約2週間」+「帰国後の振り返りと報告会」
という3段立てで、
ただ、海外に行くだけではなく、
参加者一人一人が当事者意識を持ち、主体的に行動を行い、より多くのものを感じ、
今後のそれぞれの活動に活かせるようなプロジェクトです。

海外経験者+現地在住の方のサポートのもと、普通に旅行に行くだけでは、体験できない様々なことが体験できます!

 

 

 

LCPの2つの見どころって??

まず、1つ目!

これは、なかなか無いんじゃないかと自負しておりますが、

参加者たちで現地での活動内容を作り上げていく

ということです!!

 

今、存在している海外へ行くプロジェクトのほとんどは、ある程度の活動内容が決まっていて、
ほんの少しの自由時間で自分たちのしたいことをするというものかと。。。

 

しかし、LCPの活動内容で決まっているのは行く国とおおまかな都市だけ!

後の、具体的な活動内容はすべて、参加者たちで作り上げていきます。

 

 

なぜ、このようなシステムにしたか・・・

正直なところ、活動内容は僕らが決めた方が負担も少なくなります。。。

 

だけど、僕らが楽になるよりも参加者にメリットの大きいものにしたいじゃないですか!

せっかく行くのだから、「本当に自分たちが見たいもの・体験したいこと」を見た方が絶対に参加者のためになる。

さらには、参加者がみんなで作り上げていくことでチームビルディングというものを学ぶことができ、
帰国後の活動の大きな力となると考えました!

 

 

本当に、それで活動内容準備できるの?

とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

できるんです!!!

 

そこは僕らの強み!

私、清水は約半年の生活の中で、様々な現地の人脈を作ってきました!

さらには、現在、現地に住んでいるパートナーの方も様々な人脈をお持ちです!

そんな僕らだからこそ、参加者の多種多様な要望を実現することができます!

 

 

そして、2つ目の見どころ、それは、

より安くより安心できる航空券の取り方から宿の予約方法などなど、

海外に行くときに必要な色々な力を身につけることができます!!

 

これは、私、清水がバックパッカーを始めて約1年、その中で得た知識などを全て伝授します!

 

グループ型のもので海外へ行ったことのある人たちから、

航空券や宿は既に抑えてあって、次回自力で海外へ行きたいと思った時に、どうやっていったらいいかわからん

という話をよく耳にすることがあります!

 

せっかく海外へ踏み出すきっかけを求め、グループ型に参加しても、次回に続かないのでは意味がないと思いました!

 

やはり海外へ行こうと思った時に、お金の次に壁となるのが、行き方などがわからないという不安感だと思います。

それに、よくわからないまま行くとトラブルに巻き込まれるきっかけにもなりますし、無駄にお金がかかってしまう原因にもなります。

ただでさえ、お金が気になっているのに。。。って感じですよね

 

もちろん、ツアーで海外に行けば航空券や宿の問題はないです。

ただ、僕の個人的な意見で言うと、自由に動ける形で海外に行った方がより楽しめます!

そして、自由に動くには、自力で行くことが必要ともなってきます!

 

ですので、このプロジェクトに参加してくれた人たちには自力で行く力も身につけてもらいます!

 

ここで、うっすら勘づいている方もいるのでは??

そうです!自力で行くには、現地での計画を自分で立てることも必要となってきます!

そこが、1つ目の見どころとも繋がってくるのです!

 

 

 

実際にどこに行くの?

 

このプロジェクト、今回が記念すべき第1回!

そんな第1回目の活動場所は、「ベトナム

現地活動は、ベトナム随一の経済都市・観光都市である、ホーチミンという南部最大の都市からスタートし、
中部の中心都市、ダナン・フエ・ホイアンとその周辺を周りながら、ホーチミンへ戻り、帰国というルートで行きます!

※上記で述べたように、その場での細かい活動内容は未定です。

 

ベトナムは、事前活動から帰国後の振り返り活動まで、今回のプロジェクトの全てに同行予定の清水も既に5度、訪問している国で、現地での生活も計半年を越えてきております。

 

とても治安がよく、東南アジアの中でインドネシアに次いで物価が安く(これはあくまで僕の経験上)、何よりもとても親日の人たちが多い国!

東南アジアは親日的な国が多いと感じていますが、ベトナムは特に親日です。

 

「日本から来た」というだけで、すごく喜んでくれます。

そして、日本のいいところや好きなところなどをたくさん伝えてくれて、
時には、僕が知らない日本のことまで教えてくれたりします。

 

そんな国だからこそ、安心していけて、さらにたくさんの体験ができます。

 

 

 ちなみに、ベトナムは世界で第2位のコーヒー輸出国であり、
あのスターバックスが世界7大産地の1つに選んでいる「ダラット」という街もベトナムにあります。

 

今年の2月末に僕も行ってきましたが、なんとも落ち着いた雰囲気のいい街でした!

 

 

そしてもう1つのベトナムのいいところ!それは、

なんといっても食事がうまい!

世界一周をした人たちも

 

ベトナムの飯は1、2を争うレベルでうまかった!」

「あんだけ飯がうまかったら住み着いてもいいくらい!」

 

と言っているほどなんですよ!

是非みなさんにも1度体験してほしいレベルです!

 

 

でも、ベトナムを今回の活動地に決めた最大の理由は、

 

皆さんが想像するような、昔ながらの東南アジアらしい雰囲気

目まぐるしく成長していく都市の雰囲気

 

この2つがすごいほどミックスされていて、とても刺激が強い国だからです!

日本では、絶対に感じることができない、

「今が絶賛成長中」

ということを、雰囲気や人からとても感じることができる国なのです!

 

だから、今回はベトナムを選びました!

 

 

 

 

 

このプロジェクトの目的とは??

 

LCPの目的はただ1つ 

 

本物を自分たちの目で見てもらうこと!

 

です。

 

 

大学1年の時のことです。

あるプログラムで、
インドのストリートチルドレンや児童労働の子どもたちの教育環境の改善
という目的を持って集まった11人でインドへ行きました。

現地へ行く前の約3ヶ月間、日本でみっちりとミーティングを行いました。

 

日本での事前活動を行う中で、インドの現状を知り、子どもたちにとって最善の策を考え出したつもりでした。

なんでも知って自信満々にインドに入った。

 

しかし、それが勘違いだったことを初日から痛感させられました。

現状把握・課題把握が間違っていた。

日本で調べたことと現実にたくさんの違いがありました。

 

現地では、毎日新たな課題に衝突し、それの解決策は何なのかを毎晩探求するということの繰り返し。

とても刺激的でこんなに濃い2週間があるのかという日々でした。

 

そんな現地での活動を終え、帰国のための飛行機を待っている時、

このような話題が上がりました。

 

「これからどんなことをしていこうと思ったか」

 

同じ目的を持って、約4ヶ月突っ走ってきたメンバー

そんなメンバーたちの答えは、11人それぞれ違っていました。

 

 

この活動を通して、僕は思いました。

 

ネットやテレビ、人の話などではなく、現実を自分の目で見ないと本当のことは知ることができない。

同じ体験をしても人それぞれ感じること・考えることは異なる。

 

日本には、世界には、そして僕たちの身の周りには、たくさんの課題があります。

そんな課題を自分で見て、何か少しでも自分にできることが無いかを考え、行動する。

これが、これからのために絶対になると思います。

 

でも、行動するのってとても難しいですよね。たくさんの勇気が必要ですし。

 

だからこそ、今回の体験が参加してくれた人たちの

「何かチャレンジしてみよう!」

という思いへの少しでもきっかけになればと思っています。

 

チャレンジは最高の財産

 

これが僕がこれまでを通して強く感じていることです。

このプロジェクトを通して、少しでも多くの財産が皆にできればと願っています。

 

 

 

LCPの費用と日程は??

 

航空券・宿泊費。現地生活費・LCP参加費など、すべて含めて12万~14万円ほどと考えています。

確定することができていないのは、現地活動をメンバーで練っていくためです。

 

また、参加費は、現地でのサポート費や現地活動費、事前準備費などに使います。

 

 

日程は現在は9月9日(月)~22日(日)までを考えております。

※航空券の様子等で変更有

 

 

 

 

プロジェクトサポーターの紹介

 

最後になりましたが、今回のLCPを行うにおいて、メインでサポートをするメンバーを紹介します。

 

今回の主催は後ほどご紹介する篠原さんの紹介文内にも出てくる、
「一般社団法人Next Commons Lab HUBベトナムプロジェクト」
に主宰して頂いております。

 

 

清水 祥平

 

f:id:ss5966-0753:20190603220357j:plain

広島大学教育学部4年

略歴

福岡県北九州市出身。

大学1年次のインド渡航をきっかけに、4年次には休学をし、東南アジアを中心に周遊。大学入学以降10ヵ国を周り、今後の目標はLINEの一言ゾーンを行った国の国旗で埋めること。

海外インターンバックパッカー、語学留学、シェアハウス生活などを経験しながら、現地の人と日本人の交流の場を作るイベントを開催や、海外の教育機関の訪問などを行う。

昨年末の帰国以降は、大学や高校などで、海外で経験したことを伝えながら、より多くの若者の「チャレンジのきっかけ作り」を行う。
SSH(Super Science High School)講演会のゲストスピーカーとして、約1,000人の学生の前にも登壇経験あり。
また、学生のチャレンジのサポートや学生生活・海外活動カウンセリングなども行う。

今春より、広島ベトナム平和友好協会に属し、ベトナムのことをより多くの人に知ってもらいながら、ベトナムとの繋がりをより密にするため活動中。

年に1回、ベトナムにある日本語学校が主催するベトナム人日本語学習者の日本研修ツアーに、アドバイザーとしての参加もしている。

 

 

篠原 学

 

メディアプロデューサー。

略歴
愛媛県新居浜市出身。

個人事業主衆議院議員秘書を経てITベンチャーに参画。創業3年4か月での東証マザーズ上場を企画営業職で経験。

現在は愛媛県西条市ベトナムのダナン市を主な拠点とし、一般社団法人Next Commons Lab のラボメンバーとしてベトナム中部(ダナン・フエ・ホイアン)とせとうち地域の産業をつなぐ新たな社会OSを事業開発中。

また、映画やアーティストなど多岐にわたるプロデュースを行う。

Hello!NEW 新居浜アンバサダー。

Next Commons Lab 西条 ラボメンバー。

ポートフォリオ
政策提言書「少子化・人口減少とこの国の未来」
by一般社団法人新経済連盟 少子化・人口問題検討ワーキング・グループ

 

 

田中 美緒

f:id:ss5966-0753:20190603231549j:plain

広島大学教育学部3年

略歴

広島県広島市出身

さいころから、「貧困・経済発展」「海外」に関して興味があり、
日本の過疎地域(新潟県十日町市)・東南アジア(タイ)への研修経験あり。
新潟では日本の過疎地域の状況、活性化について、
タイではタイの経済発展、日本とのつながり等について研究。


大学2年生のときにベトナムへ半年間インターンシップに参加し、
その際にベトナムの経済発展についてのアンケート調査も行う。

現在は訪日外国人へ向けてのインバウンド事業・サポートなど日本の諸問題について研究している。

他、語学にも興味がありニュージーランド(3週間)、台湾(2週間)へ短期留学経験あり。
今夏も短期での語学留学を検討している。

 

 

 

 

最後に

 

今回、第1回目となっているため、ご心配なことも多いかと思いますが、
参加者にとって確実に大きな財産となるものであると確信しています。

 

6月10日(月)、11日(火)の19時〜

oluoluカフェという広大のすぐ近くにあるカフェで行います。

 

より詳細な情報や質問等ある方は、下記までご連絡ください。

 

清水LINE

ID:ss66khd

QRコード

f:id:ss5966-0753:20190601174920j:plain