Shohei's Travel Brog

国内外問わず、旅などのことを書きながら「何かにチャレンジしてみよう!」という「きっかけ」になればと思い、書いてます!

カンボジア記~シェムリアップ Part4 男3人旅続+プレアビヒア編~

4・5 July, 2018 

 

皆さん!1つ嬉しい報告をさせてください!

 

なんと!マチャンがLINEを始めました!(笑)

 

だからなんやねん!

と思った方、、、

学生はFacebookを使ってない方が多いので、

「LINEがある=連絡がとりやすくなる」

ということですよ!

これは嬉しいことですよね?(笑)

 

ちなみに、この前、ルアンパバーンで会ったTABIPPOの女の子が、その後、シェムリアップに行くってことだったので、マチャンの話をしてみることに、、、

すると、興味を持ってくれて、実際にシェムリアップではマチャンと行動を共にしたらしい!

写真を送ってくれたのですが

 

f:id:ss5966-0753:20180910114212j:image

 

久しぶりのマチャン、元気そうでよかったです!

 

この後、この女の子、マチャンとサシ飲みしたり、マチャンの親戚とご飯に行ったりと、、、

 

いや、俺よりむっちゃ仲良くなっとるやないかい!

 

 僕も、次、シェムリアップに行くときは、、、

 

 

ということで、前回の続き、男3人旅続へ入っていきましょう!

 

トンレサップ湖へ行く途中に見つけていた蓮畑に遂に突入~

 

まあ、とりあえず、どのような場所かをご覧ください!

 

f:id:ss5966-0753:20180906143141j:plain

 

まじで、のどか!

ほんとにこうゆう風景をみると気持ちがまったりしますよね~

 

f:id:ss5966-0753:20180911130423p:image

 

蓮畑の中にある、三匹の子ブタの藁の家のようなものの中には

ハンモックがあってのんびりできたり、食事をしながら皆で語ったり

と1日中ゆっくりできるような場所!

 

自分たちで食事の持ち込みも可だし、ご飯を作ってくれる場所もあります!

もちろんそこでドリンクの購入もできます!

 

僕たちは、トンレサップ湖のレストランでワニ肉等を食べていたので、ここでは、ドリンクだけを買って、中を散歩しました!

 

少し、時期はずれていたけど、

 

f:id:ss5966-0753:20180906143041j:plain

 

きれいな蓮の花も発見!

あの大きな蓮の葉っぱは、皆さんも想像つくと思うのですが、

蓮の花って、あの豪快な葉っぱとはまた違い、とてもきれいな色合いなんですよね~

 

ちなみに、生の「蓮の実」を食べたことはありますか~??

 

僕も初体験だったのですが、意外といける!

すごいおすすめ!

というわけではないのですが(笑)

 

畑を散歩しながら、見つけてちぎって食べる

 

これって、あんまり日本では経験できない事なので、新しくて楽しかった!

(ほんとにとっていいのかは不明(笑)マチャンが、大丈夫だよ~とは言ってたけど(笑))

ちなみにここは入場料として、2000リエル(50円くらい)が必要です!

 

 

さてさて、こんな感じで、のんびりと3日目は終わり、

遂に、シャムリアップLast Dayの4日目へ、、、、

 

 最終日の1つ目の目的地は、シェムリアップで一番行きたかった、

プレアビヒア

 

 

まずは、簡単にプレアビヒアのことを説明を

 

プレアビヒアとは、タイとの国境付近にある地名です。

その地域にある山の上に、「プレアビヒア寺院」があり、観光地的に言われているプレアビヒアは、この寺院や周辺の土地のことを言っています!

 

プレアビヒア寺院は、ヒンドゥー様式の寺院で、天空の寺院などと、書かれてたりもします!

 

2008年に、カンボジア内では、アンコールワットに次ぐ2番目の世界文化遺産に登録されました。

 

その後、タイとこの寺院と周辺土地を巡り、武力衝突がありましたが、

2013年に国際司法裁判所

寺院とその周辺の土地はカンボジアに帰属する

という判断を受け、領有権問題に決着がつき、今では、観光客の僕らも行けるようになりました。

 

といった歴史を持つプレアビヒアですが、

 

ここへは、シェムリアップから行くことができます!

ただし、結構長距離移動、、、

ハイエースのようなバンで、片道4時間近くかかります。

 

いっつも、日本国内移動で、10時間くらい寝台バス乗ってるから余裕だぜ!

と思った方、、、

日本の道路のように整ってないので、結構大変ですよ、、

 

まあ、

ハノイルアンパバーンの32時間寝台バス移動

に比べると楽でしたが(笑)

 

この移動についてはまたいつか投稿します!

 

一応、

プレアビヒア周辺までバスで行き、そこで一泊して観光する

という手段もあるらしいですが、

現時点では、あまり現実的ではないらしい、、、

 

ですが、

近々、よりプレアビヒアに行きやすい状況を作ると

プレアビヒア周辺を拠点として生活・活動されている日本人の方がおっしゃられていました!

 

これは、楽しみですね!

 

 

山の麓まではシェムリアップからのバンで行くのですが、そこから、4駆のよりパワーのあるジープのようなものに乗り換えます!

 タイで言う「ソンテウ」かな

 

f:id:ss5966-0753:20180913183218j:plain

 

事前にチェックした情報では、ここから登っていく山の道がむっちゃ悪いとのことでしたが、

道は全くもって悪くないです!

ただ、傾斜がアホ、、、

そりゃこの角度は、バンや観光バスは上がれませんよね

という角度です、、

 

ちなみに、この乗り換えた車は、後ろに6人くらい乗れるのですが、

「1人いくら」ではなく「1台いくら」という計算ですので、

2,3人で行かれる方は、1人単価が上がってしまいます、、

でも、この車ではなく、バイクで上がることもでき、バイクの方が安上がりとのこと!

僕はバイクには乗ってないので、賛成も反対もしませんが、、(笑)

 

同様にシェムリアップからのバンも1台いくらなので、現地でより多くの仲間を見つけることをおススメします!

 

ではでは、プレアビヒアに登っていきます

 

先ほどの車で登れる限界まで登っていくと、広々と開けたところへでます!

 

f:id:ss5966-0753:20180913185827j:image

 

ここからは徒歩で上がっていくのですが、頂上までは結構距離があるので、飲み物などがあればベストかも!

 

最初に見えてくる遺跡はこちら!

 

f:id:ss5966-0753:20180913185855j:image

 

うーん、、

遺跡と言うのかなんと言うのか、、

この遺跡を起点として、登る方向と下る方向に分かれています!

 

f:id:ss5966-0753:20180913185550j:image

 

登る方向は、この石の道を登っていきます。

僕は、今回は時間の関係上、登る方向しか行ってないのですが、下る方向に行くと、タイとの国境まで行けるらしいです!

次回はチャレンジ予定!

 

 

ちなみに、麓の車を乗り換えたとこを含め、登る途中にも数か所トイレはあります!

f:id:ss5966-0753:20180913190324j:image

(ただ、この写真を張りたかっただけ(笑))

 

 

こちらが、登っていくと最初に見えてくる遺跡です!

 

 

f:id:ss5966-0753:20180913195221j:plain

 

やっぱ、いつ見ても思うのが、

 

よーこんなとこまで石運んだよな~

 

どんだけ暇人やねん!

とは、言いませんが、ほんとにこの時代の方々に、作成理由を聞いてみたいです(笑)

 

f:id:ss5966-0753:20180913195257j:plain

 

この時点で、もう景色がやばい!

 

この後、いくつか遺跡が出てくるのですが、

 

f:id:ss5966-0753:20180913195343j:plain

 

どこが頂上かわからないので、毎回

 

「この遺跡を抜けたらあの絶景なんかな~」

 

「いや、まだ登るんかい!」

 

という感情が繰り返されます(笑)

 

是非皆さんにも、この感情を味わって頂きたいので、

これが最後の遺跡でした!

的なことは書きません(笑)

 

なんたってこのブログの趣旨は、

 

新しいことをやってみる楽しさなどを伝え、やってみるきっかけとなってもらうこと

 

ですから!!!!!

 

 

さてさて、そうこうしているうちにようやくたどり着きましたよ!

頂上!!!!!

 

f:id:ss5966-0753:20180913191125j:plain

 

もうこの写真からでも、プンプンに凄そうな雰囲気ありますよね??

 

え?もったいぶらずに見せろよって??

 

いやいや、そこは是非、ご自身の目でご覧になってください!

 

と言いたいところですが、ここばかりは、凄すぎたのでお見せします!

それでは、一挙大公開!!!

 

f:id:ss5966-0753:20180824105530j:plain

 

f:id:ss5966-0753:20180913192015j:plain

 

どうですか?

この永遠と続く地平線!

広大な緑!

 

なんかもうすべてがちっぽけに思えちゃいますよね!

 

これを見たら、ここまで来る大変さとか全く気になんないです(笑)

だって凄すぎでしたもん、、

 

写真からも凄さが伝わると思うのですが、実際を見ると

 

すげ~

 

しか出ません(笑)

そのくらい凄いです!

 

これだけすごいと、

 

f:id:ss5966-0753:20180913192615j:plain

 

ジャンプしたり

 

f:id:ss5966-0753:20180913192413j:plain

f:id:ss5966-0753:20180913192437j:plain

 

背筋したりしたくなっちゃいますよね?(笑)

 

引きで撮った写真がこちらなのですが、

f:id:ss5966-0753:20180913192525j:plain

 

冷静に結構やばいな、、

 

おそらく、これを見た僕の親は、こう思うでしょう

 

こんなアホに育てたつもりはない

 

と、、、

 

でも、僕よりもアホが1人いるんですよ、、

もう察しのいい方はお気づきでしょうか?

シェムリアップ編では何度か登場している、「かずきくん」

 

f:id:ss5966-0753:20180913192854j:plain

 

これは、まじアホでしょ??

 

こちらも、引きの1枚がこちら

 

f:id:ss5966-0753:20180913192938j:plain

 

でも、ここに行ったことのある人はわかるかもしれませんが、

これ、実は安全なんですよ(笑)

まあ、なぜ安全か?は皆さん、是非ご自身で確かめに行ってください!

 

ちなみに、僕、遂にカメラマンデビューしました!

f:id:ss5966-0753:20180913193146j:plain

 

嘘です、、カメラマンごっこをさせてもらいました(笑)

 

本物のカメラマンと見比べてみましょう

 

f:id:ss5966-0753:20180913193243j:plain

 

雰囲気と貫禄違いすぎ(笑)

この方は、現地で知り合った、女性ライターの方!

 

にしても、出てくる写真が全部絶景すぎて、やっぱここやばいですね!

 

 

とまあ、ほんとにプレアビヒアは凄すぎました!

 

たまに旅先で、「プレアビヒアに行った」という方とお話させて頂くことがあるのですが、

みんなが口を揃えて言うのが、

 

あそこはほんとにすごかった

 

たくさんのものを見てきている旅人の方々が、言うのだから間違いないと思います!

 

ここは、ほんとにみなさんにも足を運んで頂きたい場所!

 

 

プレアビヒア凄すぎて、ベンメリア書けなかった(笑)

 

ということで、いつものごとく次回書きま~す!

ちなみに、次回は、

順風満帆に見える僕の旅にもいくつか落とし穴があった

ので、シェムリアップでの落とし穴についても書きたいと思います!

 

ではでは、また次回!