Shohei's Travel Brog

国内外問わず、旅などのことを書きながら「何かにチャレンジしてみよう!」という「きっかけ」になればと思い、書いてます!

「ハノイ→ルアンパバーン」波乱万丈の24時間越えバス移動!!その行方は?!?!

28・29, August, 2018

 

皆さん!こんにちは~

 

 

今回は、波乱万丈の24時間越えバス移動です!

 

 

まず、なぜこのバス移動をしようと考えたか。。。

 

f:id:ss5966-0753:20180927142318j:plain

 

正直、メリットが特にあるわけではないです(笑)

まあ、料金は飛行機の3分の1程度ですが、飛行機だと1時間半くらいで行けますし(笑)

 

 

じゃあ、なんでバス選んだん?!

 

 

という感じですが、

この、バス移動の情報は、結構ネットにも上がっています!

 

ほんとに道がやばい!

崖から落ちそう!

 

など、とにかくやばそうな雰囲気が満載

 

 

国境を越えて都市と都市を繋いでいるのに、そんな命懸け的なことある?(笑)

というのが、本心でした

だからこそ、

 

自分で体験してみたいな~

 

これが、このバス移動を選んだきっかけです!!

 

 

では、実際に道はどうだったのか!?

 

 

もったいぶっても仕方ないので、正直に感想を言います。

 

「道の狭さ」や「崖から落ちそう度合」でいうと、

 

 

 

そんなにやばくはない!

 

 

これが僕の感想です。。。。

 

 

すごいローカルな話で申し訳ないのですが、

広島県には「恐羅漢」というスキー場があります

 

このスキー場に行くには2通りの行き方があるのですが、

昔から存在する「内黒峠」の方が、よっぽど道狭いし落ちそう(笑)

雪道なのでなおさら落ちるリスクに関してはでかいと思いました!

 

 

 

 

ただ、運ちゃんの運転がむっちゃ荒い(笑)

 

 

大型バスでカーチェイスでもしてるんですか?

警察にでも追われてます?

 

 

って感じの運転(笑)

 

 

反対車線に出て追い抜きをすることは日本でもありますよね?

その際、前から来てる対向車に

 

ラクションを鳴らしたことがある or 鳴らされたことがある

 

方はいますか??

 

 

もうそれが当然の世界(笑)

 

 

普通に自分の車線走ってて、前から大型バスがクラクション鳴らしながら向かってくる

 

こんな恐怖体験なかなかないですよね(笑)

 

 

とまあ、ここまでは僕の個人的な感想を書かせて頂きましたが、

では、ここから実際に、ハノイ出発からルアンパバーン到着までを書きます!

 

 

このバスチケットは宿泊先の「Happy House」さんで購入させて頂きました。

 

出発当日、16時半ごろに宿に迎えがきてくれるとのこと

 

その前に、シャワー浴びて行っていいよ~

と言ってもらっていたので、お言葉に甘えてシャワーを浴びて待っていると

ほぼ予定通りお迎えが

 

この日はあいにくの雨だったのですが、

迎えの方法がまた斬新(笑)

 

 

バイクに乗ったおっちゃんが迎えに来てくれ,

 

歩いてついてこい!

 

とのこと(笑)

 

 

まあ、これについては、事前に情報収集していたので特に驚くことはなかったのですが、

雨が面倒くさい(笑)

このときは、

「雨嫌やな~」

くらいだったのですが、

この後、この雨が、大惨事を引き起こしてくれるとは、考えてもいませんでした。。。

 

 

バイクの運ちゃんを何回か見失いかけながら、連れていかれた場所は旅行代理店のオフィスのようなところ

既に、韓国人の女の子2人組が待っていました。

 

はい、皆さん、今、どのような待っている状況を想像しましたか?

 

オフィスの中の椅子に座って、荷物を降ろして、エアコン効いてて

 

そんなわけないですよね!?(笑)

 

 

雨の降る中、オフィスの外で荷物も置けずに立って待つ

ギリ屋根はあったので、傘をさす必要はなかったけど、、、

 

10分~15分ほど待っている間に、何回かバイクのおっちゃんが前を通ったのですが、

どうも連れてきていたお客さんとはぐれてしまった様子(笑)

 

そりゃ、そんなピックアップの仕方してたらはぐれますよ

周りに似たようなバイクの運ちゃんどんだけいると思ってるんですか(笑)

 

 

 

オフィスの前に1台のタクシーが止まりました。

それと同時に、はぐれていたあろう欧米人カップルが到着

 

スタッフの人が

 

ヴィエンチャンヴィエンチャン

 

と言っています。

 

「俺はルアンパバーンなんだけど?」と聞くと

 

これに乗れ!

 

と言われたので乗ろうとしたのですが、

 

今、人は6人+運転手

みんな旅行用の荷物持ってる

車は昔のオデッセイのような形の車

 

はい、むっちゃぎゅうぎゅうです(笑)

 

 

どこまでこのタクシーで行くかも伝えられずにとりあえず出発

 

まあ、この流れだとバスターミナルに行くんだろうな~と思いながら

ちょうど渋滞の時間というのもあって40分くらいそのタクシーに乗っていたのかな

 

 

どこかもわからないような小さな家がある敷地の前に着いて

 

ルアンパバーンルアンパバーン

 

って呼ばれたのですが、

ここはどうみてもバスターミナルではない!

こんなバスターミナル見たことも聞いたこともない!

 

改めて確認をしても

 

ここで待て!

 

と言うので、信じて待つことに

 

 

どうやら韓国人の2人組もルアンパバーンに行くようで

 

ほんとにここなん??

 

という雰囲気満載でした

 

 

この敷地にある小さな家のようなところに入ると、部屋が1部屋だけあり

先客のベトナム人のおじさんがベッドに寝っ転がってました

 

この人は住人?でも、人が住むようなとこじゃない気がするし、

中には、炊飯器があったので興味本位で覗いてみると、

カピカピに乾燥したご飯と大量のショウジョウバエの死骸のようなもの

 

見なければよかった。。。。

 

 

このベトナム人のおじさん、ベトナム語しか話せないけどやたらと絡んでくる(笑)

どうやら韓国人の女の子2人組を気に入ったそう

 

このおっちゃんもバスに乗るらしく、19時にバスが来るからそれまで待ってればいいとのこと

 

その後も数人のベトナム人が現れたが、みんな英語は話せないとのことで、

ほんとにここにバスが来るのか不安のまま待っていると、

19時ちょっとすぎにほんとにきたよバスが!

 

しかも想像を絶する立派さ!

 

上にバスの写真載せました。あれは国境まで走った後なので、汚れていますが、最初はむっちゃきれいでしたよ!

 

そして、ここで乗車したのが、僕と連れ、韓国人2人組、おっちゃん、ベトナム人の女性に運ちゃんとスタッフが1人ずつの計8人

 

この人数で売り上げ大丈夫なのかな~

と思いながら、

でも、こっちのバスは途中途中の路上でよく追加の客を拾っているから

ここからお客さんも増えるんだろうな~

と思っていましたが、

 

結局国境に着くまで増えることはなく(笑)

逆に積み荷を数か所で降ろしてはいましたが。。。。

 

 

バスの車内はこんな感じです!

 

f:id:ss5966-0753:20180927200851j:plain

 

ベトナムのスリーピングバスはこんな感じです!

*洗濯物は非日常です。普通はありませんしこれも誰のかよくわかりませんでした(笑)

 

 

さてさて19時頃に出発したバスは、21時頃に休憩場所+晩飯所に到着しました。

 

ここで晩御飯。

 

ご飯を食べたり、お菓子買ったり、飲み物買ったりできて、価格もほぼ相場でした!

 

ただ、トイレは史上最強に汚かったらしい(笑)

 

 

そんなこんなでご飯を食べ終え、バスに乗り込むと、

 

韓国人の子達が買っていたリンゴをくれた!!!

 

 

こういう出会いがあるから旅っていいですよね~

僕もお菓子を持ってたので物々交換!

 

 

ここで、バス内の雰囲気が一気に和やかに!

 

ということで、とりあえず1枚みんなで撮りました!

 

f:id:ss5966-0753:20180927140457j:plain

 

この手前の方が先ほどから何度か出ていたベトナム人のおっちゃんです!

 

左側じゃないですよ?左側はゴリゴリの日本人ですからね??(笑)

 

 

僕もほんのちょっとだけベトナム語がわかるのでおっちゃんと会話にチャレンジしてみました!

 

そしてわかったことは、

 

このおっちゃんはトラックの運ちゃんをしているらしい!

ホーチミン市などにも行くことあるとか

 

奥さんと1人のお子さんがいて、

韓国人のうちの1人の目と鼻が奥さんに似ているらしい

だから気に入っていたわけね(笑)

 

 

その他にも少し話しましたが、すいません(笑)

忘れちゃいました!

 

ただ、間違いなく言えることはこのおっちゃん言葉の壁関係なくむっちゃいい人!

 

この日におっちゃんとFacebook交換したんですけど、

今でも、僕のブログ更新の投稿に「いいね」を押してくれます!

 

 

とまあ、このメンバーでこれから、国境越えそしてルアンパバーンへ行くわけですが、

 

少し長くなりましたので今回はこのあたりで!

 

次回、果たして無事にたどり着けるのか??

お楽しみに!