Shohei's Travel Brog

国内外問わず、旅などのことを書きながら「何かにチャレンジしてみよう!」という「きっかけ」になればと思い、書いてます!

ルアンパバーン!!~現地の小学校に突撃訪問!!!日本とは全然違う学校のスタイルがそこにはあった!~

 2・3, September, 2018

 

皆さん!こんにちは!!

前回の投稿から少し日にちが空いてしまいましたが、僕は変わらず元気にやっています!(笑)

 

ちなみに、現在は僕の憧れの国「オーストラリア」に来ています!!

ここでも、最高の日々を過ごしていますので、また時期が来れば、オーストラリアについても書こうと思っています!

 

 

さてさて、そんな今回は、遂にルアンパバーン最終回。。。。

 

波乱万丈の入国そして到着をし、換金所でも金を抜かれるという

なんとも壮絶な幕開けだったルアンパバーンですが、

たくさんの最高の思い出をもたらしてくれました!!

 

 

最終回は、「現地の小学校へ突撃訪問」をしたことを中心に書きたいと思います!

 

では、早速参りましょう!

 

 

 

ルアンパバーン4日目は、のんびりDAY!

 

午前中は、今回のルアンパバーンの記事の中で数回登場した、僕が泊まっていたゲストハウスに併設されているカフェでパソコンと、にらめっこ。。。

 

実は今、海外を放浪しながら、時間があるときに、「経営や財務」についてと「webサイト作成」について勉強しています。

 

ですが、これらの分野は初めましてなのでなかなか難しい。。。。

教えてくれる人いないかな~

と思っている今日この頃。。。(笑)

 

 

 

象使いの場所で仲良くなったメンツの1人(ヒイロ)が、この日、タイに向けて経つとのことで、

まだ、カオソーイを食べていないと言っていたので例の店へ!

(ちなみに、この子とは、近いうちに再開することになるなんてお互いに予想もしてませんでしたけど(笑))

 

さあ、皆さん、例の店、どこだかわかりますよね???

 

 

 

そう!ゲストハウスの近くにある屋台です!!

 

値段も味もやはり最高なので、そこを紹介し、待ち合わせることに。

 

計4人で、カオソーイやフルーツジュースなどを頂いていたのですが、

なんとこの屋台で、家族の鍋パが始まったんですよ(笑)

 

前回少し写真を載せた例のやつです(笑)

 

f:id:ss5966-0753:20181014203823j:plain

 

自分らの食事をしながらも、この鍋パの中身が気になっていた僕ら。。。

だってその場で、肉のスライスとかしだすんですよ??

そんなん気になりますやんふつうに(笑)

 

徐々に連れのフライトの時間も近づいてきたので、勇気を振り絞って、このグループに声をかけてみることに!

 

ただ、ラオスはそこまで英語が通じるわけではなく、この店も同様でしたので、鍋の中身などはわからず。

その代わり味見させてくれました!

 

f:id:ss5966-0753:20181019194155j:plain

 

これが、付けダレのようで、

「これに付けて食べな!」

って言われるから恐る恐るつけて実食。

 

このタレ、見た目むっちゃまずそうですよね!?!?

だから「絶対まずい」と思いながら食べたわけですが、

 

どんな味だったと思います??

 

見た目のざらざら感

ラオスの家庭料理

 

これらのことを踏まえて想像してみてください!

 

 

 

 

正解は、

 

ごまダレの味!

 

 

驚くことにこのタレむっちゃうまい!!!!

 

市販であるなら買いたくなるレベルのうまさです!これは!

 

 

やっぱ何にでもTRYしてみるべきですね!(笑)

 

 

 

この後は、連れとさよならをし、夜は別の連れとちょっぴりおしゃんなお店へ行って終了!!

 

のんびりするってのもいいですよね(笑)

 

 

 

 

さあ、ルアンパバーン最終日!

 

象使いの日に知り合っていた人の中に同い年の教育を勉強している男の子(カンタ)がいました!

僕のことを同い年とは認めず、敬語使ってきてた彼ですよ(笑)

 

 

行きつけのカオソーイの屋台の横には小学校がありました。

ずっと興味はあったのですが、なかなか行く時間がなかったので、最終日に突撃訪問をするつもりにしておりまして、

その話をすると、カンタはもちろんのこと乗っかってきました(笑)

 

 

ということで、2人で突撃訪問を決行!!!

 

9時半頃に第1回目の突撃に向かったのですが、

なにやら、生徒や親御さんがウロウロと

 

 

近くにいたお父さんに職員室の場所を尋ね、訪問しましたが、

ここの学校、先生はほぼ英語話せず。。。

 

こういう時の旅行者の強い見方はGoogle先生

 

完璧な翻訳ではないもののニュアンスは伝わるのでむっちゃ便利です。

 

 

僕らが日本人であること

日本の大学で教育を勉強していること

海外の教育に興味があり、授業の見学や写真を撮りたいこと

 

 

これらをGoogle先生で伝えたところ

 

OK!

 

 

遂に見学開始です!!

 

f:id:ss5966-0753:20181019200918j:plain

 

教室の雰囲気はこんな感じ。

正直、思ったよりきれいだな~

設備とかもしっかりしているし、机や椅子もボロくない

 

黒板はもう少しきれいにしてもいいかもと思いましたが。。。

 

 

この学校は、予想通り、小学校。

私立ではなく、日本でいう公立の小学校といった感じ

 

先生は軍服のような雰囲気のある服を着用し、中には、方に星がついている人も!

 

なぜ軍服なのかなどの詳しいことは、言語の壁もあり聞くことができませんでした。。。

 

 

f:id:ss5966-0753:20181019200940j:plain

 

教室の黒板には何やらびっしりと書いてあります。

どことなくタイの言語と似ていますよね!

ラオスはタイの影響力がとても強い国です!!

 

USドルよりもタイバーツの方が強いですし、タイバーツで支払いができるところも多くあります!

 

隣国だし、文化的にも経済的にも繋がりがあるのかな~

 

 

 

この黒板に書いている内容は、時間割のようです!

教科などは、よくわかりませんが、僕たちが入った時は30分休みだったようです。

 

それで、生徒や親御さんがウロウロしてたわけね!

 

はい、今、少し疑問を持った方いますか???

 

 

なぜ、30分休みに親御さんがいるのでしょう???

 

 

これは東南アジア特有なのかな~

親や家族がとことん子どもの面倒をみるんですよね!

 

時間割の写真を見返してみてください。

 

お昼休みが、

11時30分~13時30分

と、とても長く取られていますよね?

 

東南アジアでは、

朝は7時頃から学校が始まり、お昼休みを長く取って、午前の部・午後の部のように

区切って授業をするところが多い傾向にあるようです。

 

このお昼休みには、親御さんが迎えに来て、家に帰りお昼ご飯を一緒は家族で食べるんですよ!!

 

あ、ちなみに親御さんの送り迎えは基本的なことです!(笑)

ベトナムでのインターン中、この送り迎えによる渋滞に何度巻き込まれたとこか。。。

 

僕の行きつけの屋台にも1人、息子さんがいらっしゃいまして、この学校の生徒さんでした。

 

 

お昼休みに迎えに来た親御さんの中には、そのまま学校の教室で一緒に子どもとお昼ご飯を食べている人も

 

家に帰らんでも、一緒に食事はする

 

日本とはまた違った文化だな~~

 

 

仕事とか大丈夫なんだろうか?

と少し思いました(笑)

 

 

さてさて、少し時間は戻りますが、突撃開始時の30分休み。

 

f:id:ss5966-0753:20181019200928j:plain

 

学校の中になにやら、クレープ屋の兄ちゃんがいてそこには生徒がたくさん!!

 

日本の小学校って結構買い食い禁止だったりするところが多いですが、

こっちの学校の入り口などには、休み時間になると、軽食屋台が出て、生徒がよく買い物をしている風景を目にすることができます!

これもまた、日本とは違ったところですよね~

 

f:id:ss5966-0753:20181019201017j:plain

 

学校の敷地内、校舎裏にはがっつり駄菓子屋が(笑)

廊下に設置してあるゴミ箱の中のたくさんのお菓子のごみはこの店があるからなんですね!

 

 

 

 

ここで、もう少し詳しく教室内の雰囲気をお見せします!

 

教室内にはこのようなポスターや

 

f:id:ss5966-0753:20181019200949j:plain

 

段ボールアートも!

 

f:id:ss5966-0753:20181019201001j:plain

 

この段ボールアートのクオリティがまたすごい!!!

 

こっちの人たちってほんとに手先が器用なんですよね!!!

ナイトマーケットなどで売られている商品も、繊細なものがとても多いのが、東南アジアの見どころの1つかと!

 

 

 

 

 

 

英語の授業っぽい雰囲気の教室があったので覗いてみると、中から男の先生が来てくれて、少しお話ができました。

この先生は多少英語ができるのですが、

僕たちが英語の授業と思ってみていたのは、フランス語の授業だったのです!

 

ラオスはもともとフランス領だったことは知っていましたが、まさかフランス語の授業が小学校であっているとは!

 

 

フランス語が得意な人は是非、ラオスでフランス語を使った会話にチャレンジしてみてください!!!

 

 

 

 

 

ちなみに、これが放課後の様子

 

f:id:ss5966-0753:20181019201026j:plain

 

親御さん、たくさんいますよね。

全員お子さんの迎えです!

 

最後の授業が終わる前から来ている親御さんもいらっしゃいました!

 

このようにいつでも授業などが見れる開放的な環境というのはなかなか日本の教育機関では無いのかな~

 

メリット・デメリットもちろんどちらもあるとは思いますけどね!

 

 

f:id:ss5966-0753:20181019201034j:plain

 

親御さんがまだ来てない子どもたちは放課後、元気にサッカー!!

 

裸足だし、コンクリートだし。。。

 

 

でも、ほんとに元気ですよね~子どもは!!!

 

 

 

こんなところで、密度の濃かったルアンパバーンも終わり!

 

次回はラオスの首都!ビエンチャンへ入りたいと思います!

 

 

今回の記事、少し長くなりましたが、最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

 

では、また!